夏カゼ流行しています

夏カゼ流行しています

夏カゼの流行がみられます。
突然、38-39度の発熱をきたして発症している子供さんが多くみられます。咳嗽、鼻汁などのカゼ症状がなく、嘔吐下痢などの消化器症状を伴っている場合、発熱中あるいは解熱後に上下肢に発疹(小さな紅斑や丘疹)をみとめる場合などがあります。
以下に代表的な夏カゼを解説します。

1)ヘルパンギーナ

 3日~7日の潜伏期をへて突然の発熱で発症することの多いウイルス疾患です。エンテロウイルス、コクサッキーウイルスなどが原因です。口蓋垂(のどちんこ)の周囲に口内炎ができる事が特徴で、咽頭痛やよだれの増加をみとめます。特効薬はありませんので、安静と水分補給が必要です。発熱は2日前後で解熱する事が多く、咽頭痛なども1週間以内に回復します。

2)手足口病

 ヘルパンギーナと同様、エンテロウイルスやコクサッキーウイルスが原因で起こる夏カゼです。口内炎と手のひらや足の裏、臀部、膝、肘などに発疹(丘疹から小紅斑)を生じます。発熱はあっても2日以内でしょう。口内炎のため食欲がなくなる事がありますが、水分摂取を充分する事が必要です。ウイルスは2~4週間、便からも排出されます。オムツの乳幼児は、便の処理などに気をつけて下さい。幼稚園や保育園は、本人の全身状態がよければ出席停止にする必要はないかと思います。

3)咽頭結膜熱(プール熱)

 5日前後の潜伏期で発症する、アデノウイルスが原因の流行性疾患です。発熱は39度以上を呈する事が多く、結膜炎(眼球充血、目やになどをみとめる)を合併すれば典型的な『咽頭結膜熱(プール熱)』と呼びます。プール熱と呼びますが、プールでの感染は最近は少なく(塩素消毒の徹底などのため)、他の風邪と同じように飛沫感染あるいは接触感染で拡大していきます。結膜炎はみとめず、扁桃腺炎、咽頭炎のみの症状の場合もありますので、4~5日以上高熱が続く場合は本疾患の可能性があります。咽頭の検査で、15分ほどで確認する事が可能ですが、特効薬はありませんので安静、対症療法が治療の基本となります。全身状態が悪い場合は、入院加療が必要の場合もありますので注意して下さい。また、結膜炎もひどい場合は眼科的な診察が必要となります。感染性が非常に強いので、タオルを別にしたり、乳幼児とは隔離したりして下さい。
i-ticket 携帯電話・インターネットから診察予約ができます。