不活性ポリオワクチンについて

不活化ポリオワクチンいよいよ接種開始

平成24年9月1日より不活化ポリオワクチンが、国が定める定期接種として開始されることとなりました。今までの、生ワクチンである経口ポリオワクチンは原則なくなります。

当分の間、単独の不活化ポリオワクチンの接種となりますが、すぐに3種混合(DPT)ワクチンと不活化ポリオワクチンを混合した4種混合ワクチンが認可され、3種混合ワクチンの未接種者は4種混合を接種することになると思われます。

詳しくは、厚生労働省のホームページにQ&Aがあります。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/polio/qa.html

<今までのポリオワクチン接種歴による接種方法>
1)経口生ポリオワクチン未接種児
  不活化ポリオワクチンを3回接種(1か月間隔)後、1年後に追加

2)経口生ポリオワクチンを1回接種した児
  不活化ポリオワクチンを2回接種(1か月間隔)後、1年後に追加

3)経口生ポリオワクチンを2回接種した児
  不活化ポリオワクチンを接種する必要はありません

4)自費で不活化ポリオワクチンを接種した児
  合計4回になるように、残りの分を接種して下さい(追加分は3回目から1年後)
i-ticket 携帯電話・インターネットから診察予約ができます。