子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチンとは?

近年、若い成人女性(20歳~30歳)を中心に子宮頸がん患者さんが増加傾向にあります。この子宮頸がんの原因が、ヒトパピローマウイルス(HPV)によるウイルスの持続感染であることが、判明してきました。

このHPVは、主に性交渉によって感染するウイルスで、このウイルスが持続感染する中で子宮頚部の細胞が子宮頸がんへと変化していきます(90%以上は一過性感染で持続感染することはありません)。

今回、日本でもこの発がん性HPVに対するワクチン(サーバリックス)が認可され、接種することが可能になりました。性交渉によって感染するウイルスであることから、初めての性交渉の前に接種することが望ましいとされており、諸外国では12歳前後の女子に積極的に接種されています。

効果については、子宮頸がんの約70%を予防するとされ、その予防効果は20年以上持続することが予測されています。但し、ワクチンのみでは子宮頸がんのすべてを予防はできませんので、成人後の子宮ガン検診は必ず受診する必要があります。

子宮頸がん予防ワクチン接種が平成25年4月より定期接種に

<対象>
10歳以上の女子(10歳~15歳が望ましい)
定期接種としての対象は   小学校6年生~高校1年生

注)基本的には、何歳でも接種可能。但し、既に感染しているHPVを除去する効果はありませんので、子宮ガン検診にて陰性である方における以後の新たな感染予防にのみ効果が認めらます。

<接種できる子宮頚がんワクチンには2種類ある>

子宮頚がんワクチンには

2価(商品名:サーバリクス)と4価(商品名:ガーダシル)があります。

子宮頚がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の持続感染によって発症しますが、子宮頚がんを起こしてくるウイルスのタイプは、16型、18型で70%を占めるので、ワクチンはそのタイプに対して作られています。4価のワクチンは、この16型、18型に加え、尖圭コンジローマ(性病の1種で外性器にいぼのような発疹を作ります)を起こしてくる6型、11型が加えられています。子宮頚がんに対する予防効果については、今のところ差があるというデータはありません。

注)最初に開始したワクチンで3回目まで終了します(途中での変更はできません)。

<接種方法>

3回接種 筋肉内注射
       注)下記のように2価のワクチンと4価のワクチンでは接種間隔が少し違います。

2価(サーバリクス) → 初回、初回から1ヵ月後、初回から6ヵ月後

4価(ガーダシル)  → 初回、初回から2ヵ月後、初回から6ヵ月後

<副作用>
接種部位の発赤、疼痛、腫脹、全身の疲労感、頭痛など
接種直後に失神を起こす場合があります。接種時にはできる限り保護者の方の同伴をお願いします。

<費用>
小学校6年生~高校1年生の定期接種対象者は無料
公費外での接種は1回16,000円です。
i-ticket 携帯電話・インターネットから診察予約ができます。