ヒブワクチン

ヒブワクチンとは?

ヒブワクチンとは、Hib(インフルエンザ桿菌b型)に対するワクチンです。

Hibは、小児期の細菌性髄膜炎や肺炎の原因菌として有名です。
細菌性髄膜炎では、その5%が死亡し、25%の子供さんに後遺症が残るとされています。5歳未満の乳幼児が罹患することが多く、特に2歳未満の子供さんの発症率が高い重症感染症です。

ヒブワクチンは、このHib感染症に対する免疫をつけるワクチンであり、欧米諸国では、三種混合(DPT)と一緒に接種していることが多い一般的なワクチンです。

ヒブワクチンの接種スケジュール

上記のように、5歳以下の乳幼児の罹患率が高いため、接種対象者は、5歳未満となっています。

○接種開始が、生後2ヶ月から7ヶ月未満の場合

   初回免疫として、4-8週の間隔を空けて3回接種
   追加接種として、約1年後に1回接種

○接種開始が生後7ヶ月以上、12ヶ月未満の場合

   初回免疫として、4-8週の間隔を空けて2回接種
   追加接種として、約1年後に1回接種

○接種開始年齢が1歳以上の場合

   通常1回接種

注意事項(副作用など)

○通常の予防接種と同様、体調に問題ないと判断した場合に接種可能です。

○副作用も、通常の不活化ワクチン(3種混合やインフルエンザワクチンなど)と同様で、局所反応としての接種部位の発赤、腫脹などが一般的です。他のワクチン同様、アナフィラキシーなどアレルギー反応については注意が必要です。DPT(3種混合)、肺炎球菌ワクチンとの同時接種において副作用が増加する報告はありませんので、当院では同時接種を推奨しております。

○平成23年1月より、2か月~5歳未満の子供さんは公費での接種が可能となりました。

公費外での接種は当院では、1回7,000円です。
i-ticket 携帯電話・インターネットから診察予約ができます。