MRワクチン

MRワクチン接種の重要性

従来、麻疹、風疹のワクチンは、1回接種で終生免疫が得られるものと考えられてきましたが、自然流行が減った現在では、徐々に免疫が低下する事がわかってまいりました(専門的にはsecondary vaccine failureと言います)。

  昨年などの大学生を中心とした麻疹の流行は、ワクチン接種をしなかった世代(MMRワクチンの副作用問題など)と接種はしたけれど免疫が低下した人たちの両方に見られました。
 以前より欧米諸国から『麻疹輸出国』として揶揄されてきた現状をやっと国も重い腰を上げて改善しようとしております。

 平成18年度より、麻疹・風疹混合ワクチン(MRワクチン)の導入により、1歳児と小学校就学前の1年間の2回接種が定期接種となりました。今回、この制度の恩恵を受けることができなかった子供さんを対象に5年間の経過措置がとられることとなり、中学1年生と高校3年生でMRワクチンが公費で接種可能となりました。
 麻疹、風疹の日本からの撲滅を目指し、必ず接種するようにして下さい。
 以下、厚生労働省感染症情報センターから
http://idsc.nih.go.jp/disease/measles/index.html

MRワクチン接種時期について

MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)の接種が、平成20年4月1日より下記のように変更となりました。

Ⅰ期 生後12ヶ月から24ヶ月までの幼児 :従来どおり
Ⅱ期 小学校就学前1年間の幼児
     (幼稚園、保育園の年長さんに当たる):従来どおり

Ⅲ期 中学校1年生に相当する1年間
     (平成20年4月より5年間):新規
Ⅳ期 高校3年生に相当する1年間
     (平成20年4月より5年間):新規

以上、すべて公費(無料)で接種可能です。

注意)Ⅲ期、Ⅳ期の方に関しましては、問診表に保護者の方のサインを事前にしていただくか、保護者の方が同伴で接種を受けに来ていただく必要があります。
詳しくは、窓口まで。
i-ticket 携帯電話・インターネットから診察予約ができます。